債務整理するとどんなデメリットがあるの?

債務整理するとどんなデメリットがあるの?

まず大きなデメリットとしては、債務整理をした事実が信用情報機関に掲載されることです。
信用情報機関とは金融会社などが新たな借り入れを申し込まれた際に照会するものです。
債務整理から5年〜7年は情報が共有されますので、新たな借り入れは難しくなると考えておいた方が良いでしょう。

 

また自己破産をした場合は少しデメリットが多くなります。
まず住宅などの資産がある場合は没収されることもあります。
また、保証人がいた場合には保証人に支払い義務が生じます。
さらに官報に記載されますので、当事者以外の人にも破産した事実が知られる可能性があります。
ただし日常的に官報を目にしている人はまれです。
金融機関や保険会社など官報調査をしている人には気付かれやすい程度です。
官報に載ったのを見て新たな借り入れを促すような手紙やハガキを送ってくる闇金業者もあります。

 

個人再生をした場合もいくつかのデメリットがあります。
自己破産と同じように官報に記載もされますし、保証人に取り立てがいくこともあります。
また支払いを免除されない借金もあります(養育費や住宅ローンなど)。

 

特定調停の場合、全ての整理を自分でしなければなりません。
調停は債権者の数だけ行う必要がありますので、複数社に借金のある人はその数だけ裁判所に足を運ばなければなりません。
裁判所は平日の昼間のみですので、普通の会社員などでは難しくなってきます。

 

債務整理の中で比較的デメリットが少ないのは任意整理です。
ですが、ごくまれに交渉に応じない業者がいる場合があります。