司法書士と弁護士でどう違うの?

司法書士と弁護士でどう違うの?

債務整理を頼むなら司法書士?弁護士?

債務整理を代行してくれる人は弁護士か司法書士です。
どちらも普通に生活している私たちにとってはあまり馴染みのない人たちですよね。

 

いったいどっちに依頼した方が良いのでしょう?

 

 

司法書士と弁護士はどう違う?

割りと扱っている仕事は似ているように見える司法書士と弁護士ですが、どういった違いがあるのでしょう。
まず、弁護士は調停や訴訟といったことを本人に代わって行う代理人になることが出来ます。
司法書士はこういった法律に係わる文書の作成や登記の代行をすることが出来ます。
また、和解などを本人の代理として行うことの出来る司法書士もいます。
つまり法律上の申請や手続きを行う債務整理においては、どちらもやることは変わらないといえるでしょう。
ただし司法書士の扱える依頼には制限があり、簡易裁判所で扱う請求額が140万円以下のものということになります。

 

司法書士は「140万円以下の借金についての交渉権・簡易裁判所の訴訟代理権」がある。
また弁護士は「全般的な代理権」があるということなのです。

 

司法書士と弁護士、費用はどう違う?

債務整理においては司法書士と弁護士の違いは、費用に大きな差が出てくるのではないでしょうか。
一般的に弁護士は金額の大きな案件を扱うことが出来るため、費用も高めの設定になっています。
安い費用で債務整理を請け負うメリットは少ないこともあります。
弁護士と比べると司法書士の方が安く債務整理をすることが出来るといえるでしょう。

 

そういえば給与を時給に換算すると、弁護士は1万円以上になるそうですね。
ちなみに医師で5000円、大学教授で6000円程度だそうです。
ついでに司法書士は時給800円程度から求人募集が出ていますよね。
基本的には事務の人と変わらないのですね。

 

債務整理を依頼する際の注意

上述の通り、司法書士と弁護士では扱える依頼の違いがあります。
「簡易裁判所で済むのか」「140万円以上の請求をしないか」が目安になると思います。
ただし、140万円というのは1社ごとの金額になります。
債務整理は借入先の業者ごとに行いますので、1社で140万円を超えなければ大丈夫です。

 

自分ではちょっと分からない、という人は、まず司法書士の無料相談を受けてみてはいかがでしょうか。
司法書士で出来る債務整理であればそのまま依頼しても良いでしょうし、弁護士に依頼することを提案されることもあります。
司法書士で出来るのであれば、大げさに弁護士を雇う必要もないですよね。