自己破産のメリット・デメリットについて解説します

自己破産のメリット・デメリットについて解説します

自己破産という言葉は、債務整理をしたことがない人でも聞いたことがあると思います。
手続きをする前に、まずはメリットデメリットを知っておきましょう。

 

自己破産のメリット

・借金の返済義務がなくなる
自己破産の手続きをすると、これまで背負っていた借金全ての返済義務が無くなります。
言い換えると、借金がなくなるというわけです。
数千万円の借金でも、億単位で借金をしていたとしても、借金が全て無くなりますので、人生を再スタートさせられます。
借金の返済が追いつかなくて、毎日悩んでいたことがスッキリし、精神的に楽になります。

 

・ある程度の財産は残せる
自己破産のウワサの中には、自己破産の手続きをすると財産を全く残せないという話もありますが、実際はある程度の財産を残せます。
基本的には高額な財産を処分しなければなりません。
例えば、車や住宅などはもちろん、大型テレビなど必要ではないと判断された物は処分されてしまいます。
と言っても、高額な財産であれば絶対に処分されるというわけではなく、仕事で使うための性能の良いパソコン、生活をするために必要だった車など、仕事や生活に差し支えてしまうような物であれば、残すことは可能です。

 

自己破産のデメリット

・一部就けない仕事がある
自己破産をすると、就けなくなる仕事があります。
弁護士や公認会計士、司法書士、不動産鑑定士、保険外交員、証券外務員、人事官、都道府県公安委員、公正取引委員などの仕事に就けなくなります。
責任を問われる仕事には、就けなくなってしまうこともあります。
ただ、就けない仕事があるというと、自己破産の手続きをすると会社に知らされると思われるかもしれませんが、自己破産をしたとしても会社や家族にバレることはありません。
その点は安心してください。

 

・自己破産できないこともある
借金を作った原因によっては、自己破産できない場合があります。
主に、ギャンブルで借金を作ってしまった場合は、自己破産の申し立てをしても認められないことになっています。
その他にも、本当は財産が残っているのに、財産がないと申告した場合も認められません。
ギャンブルによる借金を作った場合や、財産が残っている場合は他の債務整理をしたほうが良いでしょう。

 

 

自己破産をする一番の大きなメリットは、借金を返済しなくても良くなるということです。
そして、デメリットは仕事によっては辞めさせられることもあるという点です。
こうしたことも踏まえて、自己破産をするか決めてください。