債務整理の必要書類は?

債務整理の必要書類は?

債務整理に必要な種類を詳しくみてみましょう。

 

・身分証明書
運転免許証、保険証、社員証、住民票などが必要になります。
現住所の分かるものがベストでしょう。

 

・債権者一覧
債権者というのはあなたがお金を借りている相手のことです。
一覧にして「どこから借りて、いくら借りて、いつから借りて、いくら返して、いくら残っているか」分かるようにしましょう。
ただし思い出せない部分については分かる範囲で大丈夫です。

 

・借入時の契約書
借入した時の契約書・借用書があるとスムーズになります。
失くしてしまった場合は無くても大丈夫です。

 

・取り引きの明細書
ATMなどで借入や返済をした際に明細書が出ますよね。
あそこには借金の取り引きに関する様々な情報が記載されています。
捨ててしまう人も多いでしょうが、手元に残っているものがあれば持参しましょう。
債権者の発行した領収書や受領書があればそれも持っていきましょう。

 

・クレジットカード、キャッシュカード
借入先全てのクレジットカードやキャッシュカードを提出します。
当然ですが、債務整理を始めたら新たな借入は出来ませんので不要なものですよね。

 

・印鑑
債務整理の依頼を契約する際に必要になります。

 

・収入証明書
収入を証明する書類が必要になる場合があります。
給与明細や源泉徴収票など要求されることもありますので用意しておきましょう。

 

・預貯金通帳
預貯金の有無を確認されることもあります。
通帳や過去の取引明細などが必要になる場合もあります。
過去2年分の取り引き明細を要求されることもあります。

 

・資産関連
不動産の最新の登記簿謄本、生命保険の解約返戻金のため生命保険証書、退職金の額の分かる職務規定など。
こういった資産関連の書類が必要になる場合もあります。

 

債務整理に必要な書類は整理の仕方や、依頼する事務所などによっても違ってきます。
特に要求されないものに関しては提出する必要はありませんが、事前にある程度準備しておくと楽ですよ。
特に自己破産や民事再生になると必要な書類も多くなります。
すぐに準備出来ないものもあるでしょうから、素早い解決のために確認しておきましょう。

 

かなり細かな書類を求められることも債務整理ではよくあります。
プライバシーの問題など気になるかもしれませんが、確実な手続きのために必要なものとなります。
司法書士や弁護士には守秘義務というものがあります。
業務上で知り得た個人の情報は一切他へ漏らすことが出来ません。
安心して相談して大丈夫ですよ。

 

逆に嘘を付いたり隠している部分があると、債務整理自体が上手くいかなくなってしまいます。
依頼する際には全て正直に話すようにしましょう。