債務整理するのに必要なものって何?

債務整理するのに必要なものって何?

一般的な債務整理を弁護士などに依頼する際に必要なものを確認しておきましょう。
より効率的に交渉を進めたり、手続きをスムーズにするために重要となってきます。

 

・身分証明書
保険証や免許証など身分を証明するもの

 

・債権者の一覧表
どこの業者からいくら借りているのか判るようにしておきましょう。
自己破産の場合はもちろんですが、任意整理の場合でも借り入れしている全ての業者のものが必要です。

 

・借り入れ時の契約書や明細書
借り入れする際の契約書が必要です。
さらに取引の明細書などがあれば、よりスムーズに手続きをすることができます。

 

・借り入れ先のカード
すべての借り入れ先のキャッシングカード、クレジットカードを持っていきます。
債務整理を始めると新たな借り入れはできません。

 

・印鑑
弁護士などと契約を結ぶために必要になります。

 

・資産について
資産がある場合は弁護士などに相談することによって、最適な債務整理の方法を導きやすくなります。
不動産の登記簿謄本や、生命保険の解約返戻金の有無や額、また現在働いているところに退職金がある場合は、退職金の額なども調べていきましょう。

 

・その他
現在の家計の収支状況が分かるようにしておくと便利です。
また、ヤミ金などから借り入れがある場合は、契約の経緯や取引の状況などを詳しく説明できるようにしておくと良いでしょう。

 

相談する弁護士事務所などによって他にも必要になってくるものもあります。
ホームページなどで確認しておきましょう。