債務整理すると保証人に迷惑がかかる?

債務整理すると保証人に迷惑がかかる?

借金と保証人

お金を借りる際に保証人を立てている場合は要注意です。
借金の保証人というのは、お金を貸す側に対して「この人が返さなかったら私が責任を持ちます」という立場になります。
当然債務整理をした際にも影響が出てきます。

 

たいてい保証人は親や友人といった日頃からお世話になっている人が多いでしょう。
そういった人に迷惑をかけてしまうことは避けたいですよね。
ただし、債務整理の方法によって保証人への負担は変わってきますので、理解しておきましょう。

 

保証人が借金を負担する場合

債務整理の中で「自己破産」と「民事再生」の手続きの場合です。
これらは借金の全部を整理することになります。
借入の際に保証人を立てていると、事故扱いとなり保証人に請求されることとなります。

 

例えば自己破産ではあなた自身の借金は「免責」という形で免除されることになります。
しかし借金自体は残っているため、保証人に対して支払いの義務が生じるのです。
保証人の方が支払えなければ、その人自身も自己破産をしなければなりません。
もちろん保証人との関係も悪くなるでしょう。

 

「借金の保証人にはなるな!」とよく言われるのは、このように他人が払えなくなったお金、しかも他人が使ったお金を返さなければならなくなることがあるからなのです。

 

保証人に迷惑をかけない債務整理

保証人に迷惑をけたくない、と思う人は多いでしょう。
その場合「任意整理」または「特定調停」という手続きがあります。
これらは整理する借金を選択することが出来ます。
保証人を立てている借金のみを除外して債務整理をすることが出来ます。
除外した借金に関しては、今まで通りの返済を続けることになります。

 

自分のことだけ考えないで

通常の消費者金融などで保証人を立てていることは少ないでしょう。
個人向けのキャッシングなどで保証人を必要とするものはほとんどありません。
逆に考えると保証人を立てている借金は額が大きいともいえます。
貸す側もリスクを減らすために保証人を要求しているのでしょう。

 

保証人を立てている借金を整理しようと考えている人は、保証人に対する負担のことも十分に考えて検討しましょう。
あなたの借金のせいで他人の人生を台無しにしてしまってはいけません。
債務整理を扱っている法務事務所などの無料相談などを利用してみるのも良いでしょう。
保証人に対する影響についても詳しく相談にのってくれますよ。

 

お金のことなどはいずれ何とかなるものです。
それよりも壊れてしまった人間関係は一生かけても修復出来ないかもしれないのです。
そして人間関係はお金では買えないものなのです。