債務整理すると生命保険も解約するの?

債務整理すると生命保険も解約するの?

いつ何があるか分からないですから、生命保険には加入しておきたいものですよね。
しかし債務整理をするとなると生命保険も没収されてしまうのでは?と不安になります。
ただでさえお金は無いのに、いざという時に保険が無いというのは心配ですよね。

 

債務整理と生命保険の関係は債務整理の方法によって違ってきます。
生命保険には掛け捨てタイプと積立タイプがありますよね。
掛け捨てタイプの生命保険には何の問題もありませんが、積立タイプの場合は注意が必要です。

 

積立タイプの生命保険を、もし解約したとすると「解約返戻金」が発生します。
積立てた分からお金が戻ってくる仕組みです。
もし自己破産で債務整理した場合、この解約返戻金が20万円を超える場合には、裁判所から解約を命じられる場合があります。
また個人再生の場合でも解約返戻金が高額な場合は、解約を求められることがあります。

 

しかし、任意整理の場合は裁判所を通さずに、債権者と債務者のみでの問題となりますので、生命保険は一切関係ありません。
今まで積み立てたものもそのまま残すことができます。

 

また債務整理後のことですが、債務整理をした後でも生命保険に入ることには問題ありません。
債務整理の情報の残る信用情報機関は、銀行や信販会社などの金融機関のみしか閲覧することはできません。
生命保険に入れなくなってしまうようなことはありませんので、安心して下さい。