債務整理をすることで家族に迷惑をかけてしまうことはある?

債務整理をすることで家族に迷惑をかけてしまうことはある?

債務整理は返済できなくて苦しい生活を送っている人に対して、借金の一部、または全額を免除してもらえるという救済措置ですが、デメリットというか制限があることもご存じだと思います。
ただ、こうした制約というのは、噂だけが一人歩きしていることもありますので、ぜひ当サイトで正しい知識を身につけてください。今回は債務整理と家族の関係についてお話します。

 

債務整理と家族

 

@家族に知られるリスク
債務整理を行う時は、弁護士か司法書士に依頼することがほとんどですが、彼らが債務整理をしたことを家族に積極的に知らせることはありません。
ですが、絶対に家族にバレずに債務整理できるかと言えば、確実ではありません。
目にする人は多くはないと思いますが、官報に自己破産や個人再生した事実は記載されますし、最近増加傾向にあるという官報の情報を頼りに勧誘するヤミ金業者も家族に不審がられないか心配です。
運が良ければ知られることはありませんが、長い目で見て良好な関係を築いていきたいなら、やはり家族に相談し、協力して頑張っていこうという姿勢が大切ではないでしょうか。

 

A家族みんなローンやクレジットカードNGになるリスク
債務整理はあくまでそれを行った本人に制約があるというものであり、家族が組むローンやクレジットカードの利用には全く影響しません。
但し、家族があなたの借金の保証人になっていたという場合は、家族がその借金を引き受ける必要が出てきます。
また、債務整理後は一定期間は連帯保証人になれません。

 

B家族に迷惑をかけるリスク
大切な家族を借金で苦しめたくはないですよね。
債務整理後のペナルティを恐れて返済不可能な状態であるにも関わらず、それでもなんとかしようと頑張る人がいます。
返済する約束をした上でお金を借りた以上、完済に向けて努力することは当然の責任ですが、返済できないのにそのままでいるのは家族に迷惑がかかってしまいます。借金の催促は、連日のように電話がかかってきますし、訪問されるかもしれません。
債務整理をすることで今後一定期間はローンやクレジットカードが利用できないというのは、家族に迷惑をかける要素となってしまうかもしれません。
ですが、借金の取り立てからは解放されるのですから、家族への影響が心配なら尚更、債務整理を検討しなくてはいけない場合もあるでしょう。

 

債務整理は本来、債務を抱えている本人とその家族の生活を守るためにあります。
家族と返済計画をじっくり話し合った上で、どうしても返済していくビジョンが見えないと判断した時、債務整理という選択肢
を検討するのが、一番の理想ではないでしょうか。