債務整理後のローンは組めるの?

債務整理後のローンは組めるの?

債務整理をした後、無事借金も完済したら、再びローンを組みことはできるのでしょうか?
特にこれから住宅を買ったり、子育てをするような人は心配ですよね。

 

まずローンの審査の仕組みからご説明します。
ローンの申し込みがあると業者では信用情報機関というところに照会をします。
これに過去の返済履歴や借り入れ履歴が掲載されているのです。
その上で収入の状況などを加味した上で審査します。

 

当然、債務整理の記録が残っている場合には審査に通ることは難しいでしょう。
この信用情報機関はいくつかあり、それぞれに情報を保持する期間が定められています。
破産や再生の情報の場合7年間〜10年間は記載されていることが一般的です。
よく「5年で消える」などと言われているのは、延滞などのいわゆる「事故情報」です。

 

しかし信用情報機関の情報はあくまで参考にされるものですので、実際はローン会社や金融機関などによっては、破産や再生の情報があってもローンを組める場合があります。
この基準はもちろん一般に公開されているものではありませんので、あくまで推測するしかないのですが、だいたい5年〜7年経つと新たなローンを組めることが多いようです。

 

ただし以前に債務整理した業者の場合は、再び借り入れすることは難しいことが多いようです。
例えばA銀行にあった債務を自己破産で免責にした場合、20年経っても再びA銀行から借り入れすることができなかったけど、B銀行では審査に通った、というのはよくあることです。

 

また、品物を購入した代金をローン(分割)で支払う場合は、比較的早い段階からOKが出されるようです。
自己破産から2年しかたっていなくても携帯の本体を分割にすることができた、というケースもあります。