無職だと債務整理出来ない?

無職だと債務整理出来ない?

収入が無い人の場合、借金の返済どころか日々の生活にも困っているのではないでしょうか?
最近は突然のリストラなども行われていますので、働いている時に作ってしまった借金の返済に悩んでいる人も多いでしょう。
借金があるのに無職になってしまった場合はどうしたら良いのでしょうか?

 

自己破産について

自己破産の制度は正にこういった人のためにあるものなのです。
返すつもりで借りていたけれど、職を失ったことで返済が出来なくなってしまった。
返済をしてしまうと食べるのにも困ってしまう。
こうなったら自己破産を考えて良いでしょう。
職を失った原因は様々でしょうが、このままでは生きていくことさえ出来なくなってしまいます。

 

自己破産以外の債務整理

では、自己破産以外の債務整理をすることは出来ないのでしょうか?
自己破産にはやはりデメリットが多いです。
出来れば自己破産せずに借金を整理したい人はどうすれば良いのでしょう。

 

無職、つまり収入が無い人の債務整理というと自己破産しかないと考えがちですが、実はそう決めつけるのは早いのです。
まず、債務整理の手続きには数ヶ月に時間がかかります。
この期間に再度仕事に就ける見込みがあれば、自己破産せずに債務整理することが出来ます。
ただし、すでに数ヶ月就職活動をしているようならば、自己破産を検討した方が良いかもしれません。
この辺は専門家のアドバイスを受けたほうが良いでしょう。
相談だけならば無料で行なってくれるところもありますし、費用を分割にしてくれるところも多いです。
まずは仕事に就くことと借金を整理することを考えましょう。

 

もうひとつ、無職の方でも債務整理をした方が良い場合があります。
それは過払い金が発生している場合です。
特に借入の期間が長い人の場合は、利息を払い過ぎている=過払い金が発生しているケースが多いのです。
「大手の消費者金融だけだからなぁ」と思う人も多いでしょうが、大手であっても少し前まではグレーゾーン金利で貸し付けを行なっていたのです。
過払い金の額が多ければ、借金がなくなるだけでなくお金が戻ってくることもあります。
ここもやはり専門家に相談してみるのが良いでしょう。

 

病気などで働けない場合

病気などが原因で今後も働けるめどが立たない人もいるでしょう。
この場合は自己破産を検討した方が良いかもしれません。
費用に関しても心配でしょうが、まずは専門家に相談してみましょう。
法テラスのような費用の立て替えサービスもありますよ。
借金の問題は片付けてしまい、治療に専念出来る生活を手に入れましょう。