任意整理のメリット・デメリットについて解説します

任意整理のメリット・デメリットについて解説します

任意整理は債権者と話し合い、返済の方法や返済額を交渉することで、より返済していきやすくするための債務整理です。
債務整理の中ではよく利用されている手続きでもあります。
では、そのメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

任意整理のメリット

 

・過払い金の分も減額される
過払い金が発生している場合は、その分を元本に充てて、さらに借金を減額します。
大きな額の過払い金が発生している場合、過払い金の分を返済に充てるだけで返済ができるようになり、債務整理の手続きをしなくても良くなることもあります。
とはいえ、現在はどこの消費者金融も過払い金が発生しないように、利息制限法を守っていますので、あまり大きな額は期待できないかもしれません。

 

・手続きをすると利息がかからなくなる
任意整理の手続きをすると、その日から利息がかからなくなります。
債務整理をするくらいですから、利息がどれだけ大きい存在か実感していると思います。
それがなくなるだけでも、元本に充てられる分が大きくなり、完済への道も一気に近くなります。

 

・一部の債権者だけの手続きも可能
A社では300万円借りているけど、B社からは借りているのは20万円くらいという場合、A社だけを任意整理をするのも可能です。
いくつもの債権者に連絡をするとなると、その分手続きも面倒になり、時間がかかってしまうこともありますので、差が大きく開いている場合は一部の債権者だけを選ぶと良いでしょう。

 

・ブラックリストに載る期間が短い
任意整理は他の債務整理に比べてブラックリストに載る期間が、約5年間と短くなっています。
自己破産だと5年〜10年と、最大で10年に比べると、約5年間で終わるとなると、約2倍も差が付いています。
もちろん、確実に5年で終わるというわけではありませんが、それでも早くブラックリストから名前が消えるかもしれないと思うと楽ですよね。

 

任意整理のデメリット

 

・応じてくれない債権者もいる
任意整理は弁護士に依頼した場合は、弁護士が行うのですが、必ずしも交渉に成功するわけではありません。
債権者がどうしても任意整理を許可できないと言ってしまうと、任意整理を手続きできないのです。

 

・減額が少ない
任意整理は、他の債務整理と比べると借金を減額できる額が低い傾向にあります。
あくまで、減額が少なくなりやすいという程度なのですが、それでも大幅な借金の減額はあまり期待できないことを覚えておきましょう。

 

 

任意整理の恩恵を受けられないという人も中にはいるでしょう。
例えば、大きな額の借金を抱えている人にとっては、借金を整理したところで、返済が苦しいことに変わりがないというケースです。
現在の収入と照らし合わせた上で決める必要がありますね。