債務整理とは何?

債務整理とは何ですか?自己破産との違いは?

債務整理というのは、「債務」すなわち借金を整理する方法のことを総称して呼びます。

 

債務整理の方法には自己破産、個人再生、任意整理、特定調停といくつかの種類があります。

 

なので、自己破産は債務整理のひとつの手段といったところになります。

 

それぞれの方法について説明します。

 

自己破産

まず自己破産ですが、現在ある借金を全て処分します。
返済することができない状況に陥ったことを裁判所で認められれば免責となり、借金を返す必要がなくなります。ただし資産がある場合は没収されます。

 

個人再生

個人再生はまず借金を減額してから、その借金を3年で返済していく方法です。
住宅などの資産を残したまま整理することができます。

 

任意整理

任意整理は個人での訴えを受け入れる金融機関はまずありませんので、弁護士や司法書士などがあなたに代わって交渉します。

 

借金の減額、分割での支払いなどを要求しますが、最近では過払い金の請求も併せてする場合が多いです。借金の総額が減りますし、月々の返済金額も少なくなり完済を目指します。

 

特定調停

特定調停は裁判所で調停委員(第三者)を間に置き、債権者と交渉します。
任意整理と違い、本人によって行えますが、充分な準備や知識が必要です。

 

それぞれ現在の債務や収入の状況によってベストな方法が違ってきますので、迷う場合は弁護士などの無料相談を利用すると良いでしょう。

 

 

 

他にもわからない事があったらこちらへどうぞ→ 無料相談はこちら

債務整理するとどんなメリットがあるの?

債務整理の一番のメリットは返済に追われる日々から脱出できることでしょう。

 

月々の返済のために節約の生活を送っている人も多いでしょうが、一度ふくらんでしまった借金はなかなか完済するのは難しいです。

 

最悪の場合、借金の返済のために借金をするという悪循環に陥ってしまい、多重債務者となってしまうことが多いのです。

 

現在定職に就いていて、安定した収入があるのであれば、破産することなく借金や返済額を減らすことができます。ケースによって最適な方法は違ってきますので、弁護士などの専門家に相談するのが一番だと思います。

 

債務整理の仕方によってもメリットが違ってきます。
一番メリットの多い債務整理方法は任意整理でしょう。

 

自己破産や個人再生のように官報に載ることもありませんので、一般の人に知られることも少ないです。
裁判所を通さずに和解をしますので、債務者の負担が軽く済みます。

 

また過払い金が発生している場合は、回収することができますので、長い間返済を続けていた人などは、借金が無くなる場合もあります。

 

デメリットの多い自己破産であっても、返せない借金に悩み続けるよりはましです。
例えば職を失っているのに借金を抱えている状態では、生きていくのも難しくなってしまいます。
債務整理はそういった人たちを救済するための制度でもあるのです。

 

自分ではどうすることもできなくなってしまったのであれば、専門家に相談することをおすすめします。
「債務整理」という言葉は重く感じてしまいますが、新しい未来への第一歩となることでしょう。