債務整理の初期費用は?

債務整理のために用意するものは?初期費用は?

債務整理するのに必要なもの

債務整理をするために必要なものをまとめてみました。
法務事務所などに相談する際にも役に立ちますので、一度揃えてみておくと良いものが多いです。

 

債権者の情報

債権者、つまりお金を借りている業者の情報です。
何という会社で、いつからどれくらい借りているのかなど、出来るだけ詳しく分かるとスムーズに進みます。
借入金額、借り入れた時期、借入している期間、残金など、分かる範囲で用意しましょう。
借金をした際の契約書・借用書はもちろんですが、ATMでの取り引き証明書なども参考になります。

 

あなたの情報

住民票など現住所の出来るものや、収入や財産を証明するための給与明細や源泉徴収票、預貯金通帳などが必要となります。
メインとなる銀行の取引明細などを取り寄せる場合もあります。

 

債務整理の費用

事務所によって費用には違いがあります。
着手金が必要となる場合もあります。
債務整理自体の費用は固定されていてあまり違いがないかもしれませんが、減額報酬や過払い成功報酬などでトータルして考えることが大切です。

 

債務整理を依頼する段階では費用がかからないところが多いですので、お金に困っている人でも債務整理をすることが出来ます。
また、費用の支払いに関しても相談にのってくれるところが多いですよ。
分割払いなどにも対応してくれるところならば、収入の少ない人でも債務整理することが出来ます。

 

債務整理に対する知識

債務整理を考えるのであれば、全て依頼した事務所におまかせはよくありません。
自分でも債務整理に関することをよく知っておきましょう。
特に債務整理後の出来ないこと・やってはいけないことなど把握しておくことが大切です。
債務整理中に本人が特にやることは少ないですが、場合によっては本人が裁判所などに出向かなければならないこともあります。
自分にとって一番良い債務整理の方法は何かも確認しておきましょう。

 

時間

当然ですが、依頼してすぐに債務整理が完了する訳ではありません。
債権者とのやり取りや裁判所での手続き等にはそれなりの時間が必要です。
すぐにでも過払い金を取り戻したいと思う人もいるでしょうが、数ヶ月〜半年程度をかかることを覚えておきましょう。
焦る気持ちは分かりますが、キチンとした手続きを踏み、間違いのないようにしないといけません。
借金で二度と失敗しないためにも、自分の生活も整理する気持ちで臨みましょう。
債務整理を依頼したその日から新しい生活が始まりますよ!