広島市で過払い金をローンの返済にあてました。

広島市で過払い金をローンの返済にあてました。

4社のキャッシング会社を利用して、借りたり返したりを続けているうちに、気づけば借金額は300万円以上になっていました。

 

私はどうにか借金額を減らしたいと思いましたが、弁護士に頼む決意はなかなかつきませんでした。
そこで最初は、複数にわたっている借金を一つの会社にまとめることにしたのです。

 

年収の1/3という総量規制にひっかかるかなと思いましたが、複数の銀行やキャッシング会社に相談してみたところ、銀行のおまとめローンだと総量規制は関係ないということだったので、一番金利の低い銀行のおまとめローンに借り換えました。

 

これで少しは返済が楽になると思ったのですが、その直後に勤めていた会社の業績が悪化し給料が30%カットされてしまいました。
いよいよ返済に行き詰るようになりました。滞納すると利息がついて借金額はみるみるうちに膨らんでしまいました。

 

もう死ぬしかないとまで思ったときに、たまたま弁護士の無料相談会のチラシを見つけました。

 

わらをもすがる気持ちで無料相談会に行ったところ、借り換えの前に借りていたキャッシング会社で過払いがあるかもしれないと言われました。
そこで過払い金があるかをその弁護士に依頼して調べてもらいました。弁護士からの連絡は依頼から二週間後にありました。過払い金があるという知らせでした。そのとき私は心底ほっとしました。

 

弁護士のおかげで過払い金を取り戻し、それを弁護士の費用とローンの返済にあてました。それでもまだローンは残っていましたが、返済はずいぶん楽になり、なんとか月々返していける返済額になりました。ローンはその後、五年かけて全額返すことができました。

 

今でもあのとき、弁護士の無料相談会のチラシに気付けた幸運をかみしめることがあります。