広島市で自己破産しました。

広島市で自己破産しました。

もう、自己破産しか打つ手が無い、自分でそう思ったので ネットで調べた司法書士さんにメールをしたのがきっかけです。
とりあえず、面談がしたいとの優しい内容の連絡でした。 安心して司法書士事務所を尋ねたのを覚えております。

 

そこで 初めて、司法書士さんから 「任意整理・特定調停・民事再生自己破産」と様々な方法があることを教わりました。
しかしながら、実際に借り入れている金額と収入を見たとき、専門家の司法書士さんも、「自己破産が1番救われる方法ですね。」とのお話でした。

 

そこで着手金を3万円支払ったのですが、支払いをした時点で、もう何処の金融会社にも支払いをしなくていいとのお話。
正に借金から救われた瞬間でした。

 

その後の司法書士さんとの何度かの話し合いで、過払い金を取り戻す話も出たのですが、何時から何時までの期間借り入れしているのか、私本人が把握していない状況で、金融会社の方も そんな相手においそれ簡単には、確実な証拠の様なものが無いと判断、支払いに応じる事は少ないそうです。
そこで 私は自身は、過払い金の取り戻しは諦めたのですが、やはり調査したい様で、半年近く 借り入れのあった金融機関からの連絡を司法書士さんの方で待ってくれた状態でした。

 

半年も待つのは辛いものです。司法書士さんのほうも 「金融機関からの連絡をこれ以上待っても問題は解決しないですね。」との判断から 正式に自己破産の手続き(家庭裁判所への連絡等)を始めました。

 

家庭裁判所の方へは 1回行くか行かないかで簡単に済むのでは?との内容のお話を司法書士さんから頂いておりましたが、株で少しばかり儲けを出しておりましたので、手持ちの株式がないかどうかの確認のために、1回 家庭裁判所のほうへ司法書士さんと一緒に訪れました。

 

それで 正式に自己破産が確定。

 

諸所の手続きに対して、私に返済能力が無い事から、「法テラス」と言う国の機関を利用して、10万円程度の事務手数料を支払いました。
10万円は月々 5000円の月賦払いにしてくれた為 大変助かりました。

 

着手金と含めて 合計13万円の資金で自己破産が出来たと言う訳です。

 

その後 金融新聞に情報が載るとの話でしたが、その為なのか 闇金からの誘いが毎日の様にDMで届きましたが、一切無視です。
1年くらい続いたでしょうか?

 

自己破産のお陰で 現金主義になりましたし、何より既に、9年が経過して時効も過ぎておりますが、今だ借り入れは一切ありません。
私にとっての 自己破産は非常に良い勉強になった。とそう捕らえております。