神戸で任意整理をして救われた思い出

神戸で任意整理をして救われた思い出

いまから5年ほど前のことです。借金で首が回らなくなり不払いで業者に告訴され、債務整理を行いました

 

私が採った方法は、弁護士に依頼しての任意整理です。

 

その頃私は450万ほどの債務を抱えており、しかも借金まみれになったのはそれは初めてではありませんでした。仕事や職場の人間関係のストレス等からギャンブル依存症になってしまい、気が付けば抜き差しならない状況にっていたのです。

 

それでも親兄弟に援助してもらい二回までは完済できていたのですが、さすがにこの時はもう家族の誰にもそんな余力も援助したい気持ちも、残っていませんでした。

 

借金していることは隠していましたが、何度もいわくありげな不可解な封書(実はサラ金からの督促状)が届き、あげく遂に貸金業者のうちの一社から債務不払いに関し告訴されるに至って、同居していた家族にばれざるを得ませんでした

 

告訴されるというのは非常に重いもので、返せる当ても思いつかないし、生きた気持ちがしなくなりました、しかしどうしようどうしようと言っているだけでは支払い義務が確定してしまいます。

 

そこで最初は住んでいる市の無料法律相談に行き、そこで法テラスというものがることなどの知識を得ましたが、その相談を通じて依頼するとすれば行政書士になってしまい、どうにもあまり債務が減りそうに感じられません。それでいろいろ調べたりつてを頼って、神戸に事務所を構える腕の良い弁護士を雇うことにしました。

 

着手金は18万円。成功報酬は過払い金があるごとにその20%、という取り決めでした。

 

弁護士への費用や支払いのための金は、結局生命保険を解約して作ることにしました。

 

果たして依頼した結果、支払義務は大幅に減り、あまり多くはありませんが過払い金まで戻ってきました。戻ってきたのは、総額20万くらいだったかな。

 

あの頃は非常に追い詰められた気持ちでいっぱいになっており死ぬことしか考えられませんでしたが、やはり任意整理をやって良かった。今ではそう思います。