岡山県で債務整理をして、催促の電話から解放されました

岡山県で債務整理をして、催促の電話から解放されました

当時300万円程借金をしていて、月々の支払も遅れ遅れになっていた時、支払催促の電話が頻繁にかかってくるようになりました。電話があってから何とかぎりぎりで支払う、そんな日々が続いていました。

 

携帯にだけだったらまだ良かったのですが、勤務先にもかかってきて同僚や上司からも疑わしい目で見られだし、精神的にも耐えきれなくなって、それまで誰にも相談できませんでしたが、勇気を出して司法書士の無料相談会に行くことにしました。

 

それまでは他人事でしかなかった任意整理とか自己破産の話を聞き、収入とかを鑑みて任意整理を行うことにし、正式に司法書士に依頼をしました。

 

カードがなくなるということに不安がありましたが、どのみち既に借入はストップされているのでしょうがないと諦めました。司法書士の方が親身になって話を聞いてくれ、現在の収入や状況などを一緒に考えてくれ、依頼料は分割してもらえることになり、大体月々の支払いは5万円くらいとなり、何とかなりそうな範囲で収まり安心した記憶があります。

 

その後、催促の電話があった時には、司法書士に依頼した旨を伝えるとその後は会社・携帯ともに催促が来ることもなく、それが一番安心できたところです。同僚や上司も会社に電話が掛かってくることがなくなり、心の内はわかりませんが、追及されることなく、その後も勤務を続けることが出来たのが支払い・生活にも大きかったです。

 

催促の電話が多くなると、精神的に落ち込みますが、今回、任意整理を行う上で専門家に相談することがいかに重要かというのを実感しました。催促がなくなれば仕事もしやすくなるし安心もできる、支払いも月々払える金額を前もって設定できるので普段の生活も安定する、という好循環が生まれました。返済のために借金をする、そんな悪循環に陥っていたので、もっと早く相談できていれば傷はずっと浅かったかもしれないと思ってます。