大阪市で過払い請求の依頼

大阪市で過払い請求の依頼

債務整理をしようとした理由は、膨れ上がった借金を少しでも軽くするために行いました。

 

借金の総額を考えると完済するのはいつになるだろうと思い、知人の弁護士へ依頼をしました。

 

任意整理と自己破産のどちらにしますかと先方の弁護士さんから言われ、違いを聞いてみると「返済するかしないかの違い」との事。
ただし、自己破産の場合は自己財産が持てないため、できる限り債務整理の方がよいと勧められました。

 

そして、債務整理で話を進め、手続きを開始しました。返済先一軒につき、弁護士費用がかかり、月々いくらまでなら返済が可能なのかを聞かれ、弁護士と相談をし、返済金額を決めました。

 

記載書類した書類は特になく、借金をした先を詳しく聞かれ、本日以降より消費者金融からの連絡はこちらを通して行ってくださいと言われ、後日書類にサインを頂きますので、一週間後にもう一度こちらへ来てくださいとなりました。

 

そして、後日弁護士事務所へ向かうと委任状が用意されており、消費者金融先へ一軒一軒話をするので、こちらの委任状へサインをしてくださいと言われ、書類にサインをしました。

 

そして、「これで手続きは終了です。以降はこちらから郵送する書類に返済金額を計算し、消費者金融と話し合いをします。」と言われ手続きは終了しました。

 

話し合いをしている間は支払いをしなくて良いとの事で、だいたい1ヶ月ぐらいで支払い金額など決定しますとの事。

 

その後、書類が自宅へ送られてきて、その書類には返済総金額と月々の返済金額と振込先が書いており、そこから全て返済を行いました。