横浜で債務整理をし、やっと地獄から抜け出せました

横浜で債務整理をし、やっと地獄から抜け出せました

私は18歳の時にパチンコにハマってしまいました。友人に連れていかれたのがきっかけでしたが、それから7年近く続け、気が付けば100万程の借金を背負っていました。

 

公務員として働き始めましたが、もはや借金は自転車操業となっており、まったく元本が減らないでいました。全く貯金も貯まらず、焦った私はさらに借金を重ね、ギャンブルで取り返そうとしました。結果、借金は150万円に膨らみ、絶望しました。毎月本当にギリギリの生活で、先の見えない返済状況に苦しみ、止まらない督促に苦悩し、自殺さえ考えました。

 

そんな中、勤め先からもらった書類の中に、借金で悩んだらここに相談しましょうという冊子を見つけ、個人で借金問題を専門に扱っている弁護士に相談する運びとなりました。

 

すべてチャラにしたかったので自己破産を希望しましたが、それだと後々不便になるし、まだ若いからそこまでする必要はないと諭され、任意整理でいくことになりました。

 

いざ着手が決まると、借り入れ状況を整理し、弁護士が受任通知を借金先に郵送してくれます。それで一時的に督促はストップし、返済も一時的に中断になりました。それまで長く苦しめられていたものから解放された時のあの安堵感は、今でも忘れません。

 

そこからは返済交渉になります。月いくらでいつ完済するのか。大手の消費者金融を利用していたので、特に揉めることもなく話が進みました。向こうも慣れていたのでしょう。私の場合5社程あったので、月々の返済の上限を決め、それを元に業者ごとの返済額を交渉してもらいました。

 

だいたい三ヶ月程で月々の返済計画が決まり、和解交渉成立です。弁護士とは最初にお会いして以来、書類と電話のやり取りのみでした。ですが、頻繁に報告のご連絡もいただけ、あまり不安に感じることはありませんでした。交渉成立とともに、弁護士とのやり取りもなくなりました。

 

ですが、初めてお会いした時に色々なことを諭され、励まされ、本当に気持ちが楽になったことはこれからも忘れないでいようと思います。

 

借金は恥ずかしいもので、誰かに相談するには恥を捨てなければなりません。ただそんなちっぽけな自尊心は、もっと早く捨てるべきだったと思っています。今では家族もでき、普通の生活を送っています。もしあの時死んでいたら、子供にめぐり会うこともありませんでした。あの時、勇気を出して弁護士に相談して、本当に良かったと思います。