債務整理に関する借金知恵袋

債務整理に関する借金知恵袋

債務整理・借金知恵袋

借金や債務整理に関する知識・雑学をまとめてみました。
意外と知らない借金のあれこれ、借金に悩む人も借金を考えている人も参考にしてみて下さい。

 

借金をまけてもらう方法

借金をするということは「いつまでにいくらの利子を付けて返します」という約束をしたのと同じことです。
元々借りたお金に利息分をプラスしたものを返済した段階で「完済」ということになります。

 

ここでは借金をまけてもらう方法を考えてみましょう。
まず元々借りたお金=元金をまけてもらうことは難しいでしょう。
知人や友人からの借金ならば可能かもしれませんが、一般の貸金業者ではあり得ません。
そこで考えられるのが利息分をまけてもらう方法です。

 

・おまとめローン
最近特に人気のおまとめ系のローンですが、いくつかある借金をひとつにまとめることで金利が低くなるようにします。
元金自体は変わりませんが利息分が少なくなりますので、完済までに払う金額も低くなりますね。
まあ、借入先自体を変えることが多いので、「まけてもらう」とは微妙にズレますが、払わなければならない額が減ることには違いません。
もちろん月々の支払いが楽になるというメリットもあります。

 

・任意整理
法律で許されている借金をまけてもらう方法です。
借りている業者との交渉などによって、利息をカットしてもらったりします。
過払い金が発生している場合などには支払いする必要が無くなることもあります。
個人でも出来ますが、専門家に依頼した方がより上手に「まけて」くれます。

 

借金の取り立てをなくす方法

借金の取り立てで悩んでいる人も多いでしょう。
返済のために必死でしている仕事を邪魔されることもあります。
時間を選ばない催促の電話なども迷惑ですよね。
借りている立場だから強くも言えないし・・・。

 

そんな時は専門家に依頼するのが一番です。
弁護士などの専門家が債務整理に着手すると、債権者(貸金業者)側は本人に取り立てをすることが出来なくなります。
借金を解決するには精神的な余裕も大切ですよ。

 

借金を踏み倒す方法

言葉は悪いですが、借金を踏み倒すことが法律で認められています。
その方法が「自己破産」です。
どうしても返せない、返済のために通常の生活が出来ないとなったら、合法的に借金を踏み倒すことが出来ます。
ただし、自己破産によって借金がなくなるのは、裁判所から「免責」が降りた場合です。
免責とは借金を支払う責任を免除するということです。
この許可が降りなかったら、ただ単に「自分は破産しました」と世間に宣言しただけになります。
もちろん破産による制限も受けることになります。
免責が降りない理由には浪費やギャンブルといったこともあります。
本当に切羽詰まっているのであれば、一度専門家に相談してみた方がよいでしょう。