特定調停のメリット・デメリットについて解説します

特定調停のメリット・デメリットについて解説します

特定調停とは裁判所の仲裁におき、債権者と債務者が交渉することによって、借金の減額や無利息で返済していける債務整理です
その特定調停にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

 

特定調停のメリット

 

・過払い金の返還も可能
特定調停の手続きをする際に過払い金が発生している場合は、それを計算してから返還してもらうことも可能です。
まずは元金に充てられるのですが、それでも借金が減額になるのは嬉しいですよね。
ただ、返還してもらえるのは、弁護士や司法書士といった専門家に依頼した場合なので、過払い金請求も行いたいのであれば、専門家に依頼する必要があります。

 

・対象を選べる
どこの債権者と交渉するのかを選ぶことができます。
特に借金の金額が大きい債権者がある場合は、その債権者だけを選ぶというように、弁護士や司法書士とよく相談した上で慎重に選んでください。

 

・手続きにかかる費用が安い
他の債務整理は、手続きをする際の費用が大きくなってしまうことがありますが、特定調停は債権者1社に対して1950円となっていますので、5社あったとしても1万円もしないのは嬉しいですね。
具体的な金額は、地域やどこに依頼するかによって異なりますので、予め確認しておくと良いでしょう。

 

・借金した理由は問わない
どんなことが理由で借金をしたとしても関係なく手続きができます。
例え、その原因がギャンブルだったとしても、高い確率で特定調停が可能となります。

 

特定調停のデメリット

 

・3年〜5年で完済できなければならない
特定調停の手続きをするには、収入を計算して3年〜5年以内に完済できる必要があります。
状況によっては、特定調停の手続きができないかもしれないこともあります。

 

・調停成立日まで利息が加算される
特定調停は、調停成立日まで利息や遅延損害金が発生しています。
調停が思いの外長くなってしまった場合は、かなり大きな金額になってしまうことがありますので、早い段階で解決できるように努める必要があります。

 

・強制執行されることがある
調停で決まったことを守らなかった場合、返済を強制執行されます(給与の差押えなど)。
最初の取り決めは、絶対に守らなくてはいけません。

 

 

特定調停は債権者と交渉しなければならないため、個人でやるよりも弁護士に依頼したほうが成功率が高くなります。
費用については融通がききますので、まずは無料相談から利用してみてください。