債務整理って自分でできるの?

債務整理って自分でできるの?

債務整理は実は自分でも行うことができます。
ただしデメリットが非常に多いので、よほど法律に詳しかったり時間に余裕のある方でない限りおすすめはできません。

 

まず債務整理を自分でやることの最大のメリットは費用が安く済むことです。
弁護士や司法書士といった専門家の手を借りることがないので、実費のみで済ますことができます。
というか、メリットはそれ位です。

 

後はデメリットばかりになります。
まず債務整理の中でも任意整理を自分で行うのはかなり難しいでしょう。
相手が個人の場合、業者はまず交渉に応じてくれません。

 

もちろん交渉に応じてもらえなければ何一つ整理することはできません。

 

他の自己破産、個人再生、特定調停といった方法についてですが、やはり時間と手間がかかり、相応の知識が必要となってきます。
また申し立てを行うまでは取り立てが止まることはありません。

 

業者によってはさらに厳しい取り立てをしてくる場合もあります。
弁護士などに依頼した場合、債権者に介入を告げた時点から取り立てをすることができなくなります。

 

債務整理の中では、特定調停が唯一自分でもなんとかできる方法ではないかと思います。
しかし調停の度に裁判所へ出向く必要がありますし、過払い金の請求などは大変困難になります。

 

こういったデメリットを考えると、素直に専門家に依頼した方がよりスムーズに債務整理することができます。
費用に関しても無理のない分割払いに応じてくれる弁護士や司法書士が多いです。

 

そもそも借金で苦しんでいる人に多くの費用があるとは考えていませんよ。
あれこれ悩んでいるのならば、まず相談してみることをおすすめします。