債務整理したら住宅ローンは組めないの?

債務整理したら住宅ローンは組めないの?

債務整理をした情報は信用情報機関に記載されます。
住宅ローンを申し込むと金融機関ではこの情報を元に審査をします。
ですから当然過去の債務整理の情報は、マイナスポイントとして審査されます。

 

この信用情報には債務整理の他にも、延滞や未払いといった情報も記載されています。
こういった事故情報は5年ほど経つと削除されるのが一般的です。
しかし債務整理の場合はもう少し長い期間保持されます。
特に破産や再生といった官報に記載されるようなものは、最長で10年までは保持される(保持して良い)決まりになっています。
逆に言えば、10年を経過すれば情報は残っていない、と考えることもできますね。
だいたい7年程度で削除する信用機関が多いようです。

 

もし自分の信用情報を確認したいのであれば、各信用情報機関に開示を要求することができます。
直接出向いても良いですが、郵送で取り寄せることもできます。

 

ただし信用情報はあくまでも審査の判断材料のひとつです。
住宅ローンの審査になると、現在の収入や将来性なども加味されますので、信用情報が綺麗になっていたから審査に通るという訳ではありません。
また、過去に債務整理をした金融機関では、再びローンを組むことは難しい場合が多いようです。
しかし他の金融機関では審査が通ることもよくあります。